• 創業60年の実績、旋盤フライス盤加工なら

  1. こんにちは、大橋キカイです。

今週2件、同じお問い合わせを頂きましたので検証してみました。

PCD114.3の4穴、5穴変換スペーサーについてです。

CADのような物は御座いませんので、手書きの原寸の絵で検証です。

車体側青数字5箇所

ホイール側赤数字4箇所

①を車体側、ホイール側共締めすると、残りの箇所は一見干渉しないように見えますが、車体側を固定するラグナット(それを締め付けるソケット含めて)が干渉してしまいます。

結果1枚構造のスペーサーでは、弊社にては製作不可となります。

2枚抱き合わせでの製作は可能ですが、コストが倍増してしまいます。

さらに、①の部分はスペーサーを固定してからホイールも固定するためロングハブボルトへの打ち替え、残りのボルトは短いものに変更する必要が有ります。

車体側が4穴、ホイール側が5穴でも同様です。

なかなか難しい変換になると思います。

 

対象変換をお考えの方のご参考まで😌

 


【 創業60年の実績 】

単品、試作、法人様、個人様、加工のことならお任せください

(有)大橋機械工業所

電話:0285-27-0627

FAX:0285-27-6965

メール:mail0084@ohashikikai.com

日々の加工物のご紹介ブログはこちら!


 

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です